2010年04月23日

学校の石綿で公務災害認定へ=死亡教諭に逆転裁決、全国初−滋賀(時事通信)

 滋賀県の公立小学校に勤務し、アスベスト(石綿)が原因とみられる胸膜中皮腫で死亡した元教諭古沢康雄さん=当時(56)=の遺族が公務災害の認定を求めた申し立てで、地方公務員災害補償基金中央審査会が、公務外とした同基金滋賀県支部審査会の決定を取り消す裁決をしていたことが22日、分かった。同支部は近く、公務災害と認定する。
 同基金によると、公立学校教諭の石綿健康被害をめぐり、中央審査会が公務上と認めた事例はないという。 

【関連ニュース】
荒れた学校、自殺の原因=女性教諭の公務災害認定
教員自殺を公務災害認定=新任2カ月、支援不十分
工場跡地洗浄めぐり3000万=筑波大教授かたる
卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件
マスク備蓄プロジェクト始動=石綿被害防止でNPOなど連携

新党?連携? 舛添氏、あす東国原氏と会談 橋下氏は連携否定(産経新聞)
<東方神起>所属事務所が提訴 メンバー3人相手取り(毎日新聞)
厚労相に孤独死の全国調査実施を要請―千葉・常盤平団地自治会など(医療介護CBニュース)
橋下新党支援で「経済人の会」=会社社長ら240人で発足−大阪(時事通信)
【風(3)女の生き方】そこそこ主義、ストレスなく“カヤマー”(産経新聞)
posted by ドヒ カズユキ at 06:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。